住民票がある場所以外の都道府県でも免許は取れるの?

合宿型の教習所を利用する方法があります

運転免許試験を受ける際には、住民票が置いてある都道府県の試験センターにて本番試験を受ける必要があります。しかし、合宿型の公認教習所を利用すれば、運転実技試験迄を合宿先で取得出来るので、最後の筆記試験のみ住民票が置いてある都道府県の試験センターで受験しなければなりません。運転免許証の交付手続き自体が、各都道府県別となっているので、最後の本番試験のみ住民票がある都道府県に行き受験すると覚えておくと良いでしょう。仮免許取得や卒業試験といった項目については、合宿型の教習所が公認教習所であれば、住民票が置いてある都道府県で受ける試験は筆記試験のみで良いことになります。集中的に運転技術を習得して、早期に免許取得すれば良いわけです。

通学タイプであっても公認教習所に通えます

通学タイプの教習所に通って運転技術を習得し、本番試験を受ける場合には、全国の教習所としてどこに通っても良いことになっています。教習所へ入所することは必須ではなく、直接本番試験を受けても運転技術が習得出来ていれば問題ありません。しかし、公認教習所へ通学するメリットとして、仮免許試験と卒業試験の両方を公認教習所内で受験出来るので、卒業試験に合格すれば筆記試験のみを住民票が置いてある都道府県の試験センターで受験して合格すれば、運転免許証の交付を受けられます。非公認教習所へ通学した場合には、筆記試験と技能検定の両方を住民票がある都道府県の試験センターで受験しなければなりません。公認教習所に通学して取得する方法が、確実に運転免許を取得出来る方法です。